ヒートスリム42℃ かぶれ

ヒートスリム42℃はかぶれないよう取扱注意?果たしてその真相は…

ヒートスリム42℃を貼ったらかぶれた!

 

そんな話を耳にして購入しようかどうしようか迷い始めていませんか?

 

実は私も肌が弱くて、ばんそうこうを長く貼り続けたり、また下着のゴムのところとかもすぐに赤くなったりかぶれがち。

 

せっかくヒートスリム42℃を買ってもかぶれたら大変ですよね。

 

そこで、今回私自身も買おうかどうか迷いに迷って、あれこれ調べたので、あなたもかぶれやすくて不安を感じているのなら参考になればと思ってサイトを立ち上げました

 

気になる部分からでも読んでみてくださいね♪

 


目 次

  1. ヒートスリム42℃は気をつけないとかぶれるって本当?
  2. カイロで代用できないの?火傷の被害は?
  3. 使用上の注意は守りましょう!
  4. ヒートスリム42℃でかぶれずに利用する方法
  5. さらに効率よく効果を感じたいのなら…
  6. 暑い夏でも大丈夫?

 

ヒートスリム42℃

 

ヒートスリム42℃は気をつけないとかぶれるって本当?

 

最初、ヒートスリム42℃を貼っているお腹の写真を見た時に簡単お腹やせができそう♪って、基本ものぐさなので、期待にワクワクしました。笑

 

でも、ヒートスリム42℃の口コミを見ていると、

 

  • かぶれた
  • 赤くなった
  • 痛い

 

なんて文字が見え隠れしていて、ちょっと心配になってきました。

 

というのも、私は肌が弱く、手荒れもひどいのですが、ばんそうこうを貼るとそのテープのところからかぶれる体質(肌質?)なんです。

 

せっかく買っても、ヒートスリム42℃を貼ったそばからかぶれたら、とてもじゃないけど貼り続けられませんからね。

 

すぐにかぶれやすい私としては深刻な問題です!

 

それで、ネット上で見かけたたくさんの口コミを丹念に調べてみた結果、私の結論としては、

 

よほどの敏感肌でない限り、きちんとヒートスリム42℃の注意書きを守れば、肌がかぶれる心配は無い

 

後は、人それぞれの肌質、その日の体調などにも依るところもあるので、まずは使ってみよう♪という考えで、私もヒートスリム42℃を試すことにして注文しました。

 

ヒートスリム42℃について、詳しく説明していきますね。

 

やじるし ヒートスリム42℃の公式サイトを見てみる

ページの一番上に戻る

 

カイロで代用できないの?火傷の被害は?

 

ヒートスリム42℃って、お肌に直接貼ると、じわじわと体の内部から温まることで代謝アップなどが望めるダイエットパッチです。

 

カイロ

それで、貼って温めるだなんて、まるで貼るカイロみたいですよね。

 

実際問題、貼るカイロで代用出来るのならこんなに安上がりなことってないじゃないですか。笑

 

ということで、ヒートスリム42℃と貼るカイロを比べてみました。

 

ページの一番上に戻る

 

貼るカイロの温め方

 

貼るカイロには、「ホッカイロ」「貼るオンパックス」「桐灰はる」「温楽」などたくさんラインナップされていて、どれも人気ですね。我が家も冬には必需品♪

 

カイロで温める

しかも、安いっ!笑

 

だけど、詳しく見てみたら、構造上というか温め方にしても全然違うシロモノでした。

 

カイロの場合は、カイロそのものが熱くなります。その予熱でその周辺も温めていくという発想ですね。

 

と〜っても便利なカイロで重宝しますが、万が一、誤った使い方をすると、じんわりじんわりと熱源をくっつけたままで温めるわけですから、低温やけどの心配も出てきます。

 

低温やけど

最初はそれほど熱いというほどでもないので、温かいな〜と思っているうちに、気づかないうちに火傷してしまうようです。

 

なので、カイロを貼ったまま寝てしまったり、肌に直接貼るのは危険です。実際に、カイロのメーカーも直接肌に貼らずに下着などに貼ってワンクッション置いて温めるようにと注意書きしていますよね。

 

 

ページの一番上に戻る

 

ヒートスリム42℃の温め方

 

一方、ヒートスリム42℃の場合は、それ自体は熱くなりません。

 

なんと世界初とも言える、熱生成原理を適応した新概念ダイエットパッチだそうですよ♪

 

カプサイシンパワー

 

開発したのは、美容大国として知られている韓国のメーカーです。今回、私が注文したのは、日本で輸入したものを通販してくれる公式サイトからなので、全て日本語で出来るので大丈夫♪

 

ハングルなんて読めないし…汗

 

ヒートスリム42℃に練り込まれた特殊なTPEゲルという素材と、貼ることによるラッピング効果で熱を閉じ込め保温する効果も期待できます。

 

カイロの場合は、カイロ自体が水分等に反応して熱を生み出す仕組みですが、ヒートスリム42℃の場合は、貼るだけで特許技術によってお腹の中が温まるのですが、ラッピング効果で8時間保温し続けることで代謝量のアップや脂肪分解が期待できます。

 

そして、この脂肪が分解されていく時に発生するエネルギーで熱く感じます。カイロとは熱発生のシステムが違うので、ヒートスリム42℃の場合は低温やけどの心配はありません!

 

それにしても、工場見学をするテレビ番組で「何かヤバイの使ってるんじゃないですか?」なんて男の子が質問するシーンがありましたが、私も、もしかしてヤバイ成分?と不安になりました。

 

でも、韓国皮膚臨床科学研究所で皮膚無刺激判定を得た製品です。

 

証明書

 

このように、韓国では特許や認証を得ているのも安心ポイントとなりました。

 

それに、ヒートスリム42℃に使われているTPEゲルはアルコールなどの溶剤は使われていなくて、食品用や衛生用品、医療用品などに使用されている安全性が高い素材です。私のように肌の弱い人間にとって頼もしい素材です。

 

もちろん、肌の状態は人それぞれ、また同じ人でもその日の体調によって変化して刺激を受けやすい時もありますので、その日の体調(寝不足とか疲れが溜まっていないか等)も考えて、臨機応変にヒートスリム42℃を利用したいですね。

 

もしも、いつも大丈夫なのに、調子が悪い日でうっかりかぶれかけたというような時には、気がついたら早めに剥がして、ワセリンとかアロエクリームなどを塗っておきましょう

 

ヒートスリム42℃

 

ページの一番上に戻る

使用上の注意は守りましょう!

 

貼るカイロの場合は、低温やけどの心配も出てくるので特に使用上の注意は守らないといけませんが(※きちんとした使い方をすれば火傷はしません)、、

 

ヒートスリム42℃の場合は、ヤケドの心配は無いとはいえ、やはりきちんと使用上の注意は守りましょう!

 

なにしろお肌に直接貼るわけですからね。

 

★ ヒートスリム42℃使用上の注意 ★

 

  1. 使用中腫れあがり、痛み、赤み斑点など肌に異常がある場合使用を中断してください。
  2.  

  3. 肌の疾患や湿疹、アレルギーなどがある方は、使用を禁じてください。
  4.  

  5. 幼・小児の手に触れないところに保管して30℃以上の高温や直射日光はなるべく避けてください。
  6.  

  7. だいたいの場合着用後2〜4時間の間に肌温度が一番高くなるのを感じることができます。
  8.  

  9. 1日着用後、1日を置いての使用を勧奨しています。

 

ページの一番上に戻る

ヒートスリム42℃でかぶれずに利用する方法

 

ヒートスリム42℃を直接お腹に貼り付けてもかぶれない方法は、やはり使用方法を守るということです。

 

推奨されている使用方法は、

 

  • 隔日使用(1日おきに貼る)
  • 1回に貼る時間も最長でも8時間以内
  •  

    ヒートスリム42℃自体、通常は保温効果が8時間キープ出来ます。つまり、8時間経ってもまだじんわりと予熱的な感じでお腹は温まっています。

     

    8時間

     

    ついついそのまま貼り続けていたくなりますが、お肌のためには、
    ヒートスリム42℃でかぶれないためにも最長でも8時間を厳守しましょう

     

    ページの一番上に戻る

    さらに効率よく効果を感じたいのなら…

     

    ヒートスリム42℃の注意事項としては、

    • 1日おきに使うこと
    • 1回8時間以内を厳守

    でしたね。

     

    でも、やっぱり気持ち的には、少しでも早く変化を感じたい♪

     

    そこで、ヒートスリム42℃を実際に使っている方々のブログなどを参考にさせていただいて、さらに効率よく効果を感じるための方法としては、、

     

    1日置きに貼る場所を変える

     

    です。

     

    というのも、カイロのように直接肌に熱源をつけるわけじゃなく、ヒートスリム42℃に練り込まれている特殊な成分が、脂肪に働きかけ、脂肪を分解し、さらには代謝アップも望めるわけです。

     

    それならあちこちに順繰りに貼るのも良いのでは?という考えです。

     

    貼る例としては、

     

    1日目 お腹
    2日目 二の腕
    3日目 お腹
    4日目 太もも
    5日目 お腹
    6日目 ふくらはぎ
    7日目 お腹
    8日目 腰回り
    9日目 …

     

    やっぱり私としては、ぽっこりお腹に集中的にアプローチしたいため、ついついお腹の頻度が高いです。笑

     

    ご自分の特に気になる部分の頻度を高めながらやるのも良いですね。

     

    ヒートスリム42℃

     

    ページの一番上に戻る

    暑い夏でも大丈夫?

     

    お腹の中から温まるというヒートスリム42℃。

     

    それでは暑い夏なら不要では?

     

    暑い夏

    私も、最初はそう思っていました。特に、私の住んでいる場所はよく全国ニュースでも本日の日本一暑い街は…で登場することが多い街だからです。

     

    汗も半端なくかきますからね。

     

    「あせも」も出来やすい私としては、その汗次第ではヒートスリム42℃を剥がしたりすることも考えています。

     

    2017年6月現在、注文しましたが物凄い人気のため注文に発送が追いつかないということでまだ届いていません。そのため、実際に暑い日に貼り付けてどうなのかは、後日検証しますね。

     

    ※検証しました。 こちらのページで確認してください。
       ⇒ ヒートスリム42℃は熱くなるけど暑い夏でも大丈夫でしたよ♪

     

    暑いと代謝が良い

     

    暑いと汗もよくかくし、代謝もよくなるので代謝アップの加速には逆に良いかもしれないと、今は考えています。

     

    自然の暑さとヒートスリム42℃による体の中からの熱さのダブルパンチで脂肪対策です。笑

     

    暑いと冷房がガンガンギンギンになる

     

    そう、暑いと電車やバスの冷房も半端なくギンギンに冷やしてきますよね。

     

    私は冷えやすいので、ギンギンの冷房車には本当に参っています。

     

    冷房

    さらに、会社に行くと、、これまた女子社員の希望虚しく、あせっかきの男性社員向けにギンギンに冷やしているところも多いのではないでしょうか?

     

    夏の冷え性って、冬の自然の寒さによる冷えよりたちが悪いって言いますよね。

     

    これらのことを考えて、私はピンッ!と来ましたよ♪

     

    ヒートスリム42℃って、わずか1mmの超薄型シートなんです。なのでパックも薄いので、バッグにしのばせておいて、会社に着いたらトイレでヒートスリム42℃を貼る。

     

    で、8時間以内の装着なので、適当な時間でトイレで剥がすというのも良さそうですね。

     

    あなたのライフスタイルに合わせて、朝のラッシュ時の冷房や午前中に合わせるのなら、朝出勤前に家でヒートスリム42℃を貼るとか、

     

    睡眠

    駅まで歩くのでその間汗ダラダラ出そうだし、会社もそんなに冷房効いていない…というのなら?

     

    寝苦しい夜とかだとエアコンつけたり扇風機を回しながらネますよね。それなら、夜寝るときに貼るとか、、

     

    そして、また酷暑が去って、ほどほどの気候になったら昼間貼るなど、臨機応変に、そしてご自分にあった方法をみつけてください♪

     

    ヒートスリム42℃

     

    ページの一番上に戻る