ヒートスリム42℃ かぶれ

ふくらはぎ健康法で代謝アップしダイエットにつなげる

ヒートスリム42℃はお腹に貼るように作られたダイエットパッチですが、何もお腹にこだわる必要はありません。

 

体調が悪い時にお腹に手を当てるとビックリするくらい冷たくなっていることがありますが、それ以外にもふくらはぎも冷たくてビックリしてしまいます。

 

レッグウォーマー

そのため、ふくらはぎ健康法というのも人気があり、夜寝るときようのふくらはぎを温めるグッズとかもありますね。

 

もちろん、レッグウォーマーを使って温めるようにしている人もいますが、もっと直球で温めるのを助けてくれるのがヒートスリム42℃です。

 

足は第二の心臓とよく言われますが、下半身には心臓のようにポンプ式で血液を押し出すものが無いため、ふくらはぎが代わりに下半身に流れてきた血液を押し戻す役割を担っています。

 

ところが、ふくらはぎが冷えているということは筋肉も硬くなっていますから血管も柔軟性がなくなるためポンプとしての役割をうまく働かせることができなくなります

 

リンパマッサージも良いのですが忙しいと中々続けられないですね。そして気がつくとますます硬くなってしまって…

 

リンパマッサージ

そこで、ふくらはぎにヒートスリム42℃を貼ることでふくらはぎを活性化させ、血流も元気を取り戻しそうですね♪

 

そうすることで全身の代謝アップにも繋がり、体の中についつい溜まりがちになる老廃物も排出しやくすなりますね

 

もちろん、ヒートスリム42℃のカプサイシンパワーでふくらはぎの脂肪にも働きかけてくれますよ。

 

 

ヒートスリム42℃

 

 

「ヒートスリム42℃でかぶれた」って嘘か本当か検証!」のトップに戻る